ユキヤナギリンドウ

宮城県に住んでいます

観心寺

こんにちは。

観心寺を聞いたことがありますか?のはイスラエルで今どういう祭りが行われてるかっていうことです。

それは旧約聖書の祭りです。

けど異邦人クリスチャンの私たちはすっかりそういうことは忘れちゃってもう昔の話極端なことを言うと旧約聖書はもう終わった話クリ写真薬だけ飲んでればいいというような傾向が2000年近く続いてきたんです。

今はそれに対する反省が起こりイスラエルで今何が行われてるかっていうことに関心を持つ時代です。

で今年の事を言います。

イスラエルの信念との秋に始まるんです。

これは宗教べきです。

ですからイスラエルに行くと年末年始旅行に行っても12月31日から1月1日何にも変わらないカレンダーが変わったっていう感じでそれだけの事です。

ただ大騒ぎしてんのは日本人だけですよ。

本の時間では今元旦になりました。

晴れる屋とかやってるわけですね。

大体一緒<br />

厨子

こんにちは。

厨子をご存知ですか?いるクリスチャンがいるならばそれは新約時代の到来と素晴らしい事実にまだ目覚めていないことになる私たちが今したがってるのはキリストの律法です。

今朝ここに来る前にクレイのれいばの収集をしていました。

らこういう話がありました。

今朝読んだばかり以前もちょっと読んだ記憶もあるんだけどもでも改めて感動しました。

あるメキシコ人の話です。

彼はアメリカとメキシコのボーダーを越えてよやる不法入国だよ不法入国をして不法滞在をしてアメリカで稼いでまたメキシコに帰るという生活を繰り返していたんです。

どれぐらいの期間やと35年間やってたんです。

過去に3回逮捕されているそれでもめげないでまた入国していくわけですね。

メキシコとアメリカのボーダーっての本当にそういう不法入国者が多い地区で有名でアメリカも頭を痛めてるところですね。

<br />

久修園院

こんにちは。

久修園院を知っていますか?に来たら良いのかの手本を知りました。

また私たちは神が必要に答えてくださる方であることを知りました。

なぜならばキリスト自身が人間としての弱さを覚えその中から父なる神に祈り支えられいかされたそのことを見ていると私の執拗にも父なる神が答えてくださるんだということを私たちは知るようになりました。

そして最後に私たちは将来何が起こるかを知るようになりました。

人としてのキリストが十字架で死んだけれども三日目に蘇りこの方が天に昇りやがって地上に帰ってきてくださるというそういう個人としての主語の記号だけではない世界全体に対してキリストにある希望が与えられてるって言うことを私たちは終了になりました。

何と見通しの良い人生でありましょうか。

なんと希望に満ちた人生でありましょうか。

ですからクリスチャンは若い人もまた年<br />

アゴイン

こんにちは。

アゴインを聞いたことがありますか?乗り物です。

これがユダヤ的理解です。

ですからロマンに乗るのは妻子とかキスとか平和をもたらすを使いです。

それに対して多丸乗る乗り物は馬であり洗車です。

時には中東ではラクダです。

戦争の時にはやりラクダが原の超スピードで走れますね。

インスが転ばに乗るってのは平和の君としてエルサレムに入場されるということを示しております。

そしてイエスがゼカリヤ書9-9で予言されたメシアであるということがここで示されてるわけです。

警告しておきます。

がこの政府はあなたに適応してはなりません。

これはねれっ子たちに言われてることがで私たち言われてんじゃないんだから聖書を読んでいてとっても大事なのは何処は自分に適応してどこは適用しないかってことクリアカットにね明確にわかっていることがストレスなく聖書を読む方法祝福を受ける方法であ<br />

出世

こんばんは。

出世って聞いたことありますか?のバージョンと私が若干書き換えたんですね。

それはここでいわゆる主の祈りを学んでもらおうとそのがいいなと思ったんですね。

あのあの赤ん坊の手を見てください。

鳩が飛んでるでしょ難波飛んでますかもう家ですね。

なんだかわかりました。

手が5本あるからですね。

無理です。

ちょっと手違いですよね。

指が5本あるからねそうですね。

それでね今から申し上げる主の祈りも本当は六つに分けたいところなんです。

指が6本あればいいんだけど指が5本ですから五つに分けて解説をすることにしました。

ところで僕らが主の祈りと呼んでます。

けども本当はこれはイエスが教えたべっ子たちの祈りです。

だから主の祈りというんだけども弟子の祈りって言った方が絶対笑わしてますね。

これはね最近僕つくづく思うんだけどマタイの福音書のテキスト読んでみたらあれ聖書の<br />

梵字

それはこのマルコの福音書だけでなくマタイの福音書ルカの福音書ヨハネ福音書を見ても何回も何回もイエス様が予告なさっておられることを見つけ出すことができます。

マタイの福音書では16章の21節17章の9節12節22節から23節20章の18節と19節そして26章の最後の晩餐の時今井言って書ききれなかったのでしょうそれぐらい何回も何回もイエス様がおっしゃってどうぞこの受難週の期間ですね。

福井商1回まるっと読み直してみて下さい。

そうすると福音書を見るとなんと福音書の中でこの17週の出来事が福音書の半分あるいは1/3という膨大な部分を含んでいてそしてこの十字架の予告が何と何から何回も繰り返されているかということに驚くはずです。

エス様の福音書を見ると奇跡だとか歌詞を教えがたくさん書いていることについて心がそっちに行ってこれ程十字架について書かれているということを見過ごしてしまいがちです。

<br />

ポジティブに考えるということを勘違い

私はポジティブに考えるということを20代の頃何かしら勘違いをしていたような気がします。20代の頃の私にとってポジティブとは全く現実を直視しないで何か悪い事態が起きようとしていてもそれもポジティブに無理やり考えていたという感じです。そのため結局起こりうる問題を事前に回避しなかったため結局その問題が発生しポジティブに考えていたのはまったくもって無意味だったという結果になることが多かった気がします。私は今35歳になりましたが今の私のポジティブはそうではありません。無理やりでも何でも明るく考えるのではなくちゃんと起こりうる問題などは会費をしてディスクはできるだけ潰し、そして気持ちの面では暗くすることなく常に明るい未来を描いていると言った感じです。極端に言うと今悪いことが起こってもそれで心がへこたれることはなく再びポジティブの方に切り替えることが可能になりました。これは大きな成長じゃないかなという風に思います。

 

ミトコア 楽天