ユキヤナギリンドウ

宮城県に住んでいます

出世

こんばんは。

出世って聞いたことありますか?のバージョンと私が若干書き換えたんですね。

それはここでいわゆる主の祈りを学んでもらおうとそのがいいなと思ったんですね。

あのあの赤ん坊の手を見てください。

鳩が飛んでるでしょ難波飛んでますかもう家ですね。

なんだかわかりました。

手が5本あるからですね。

無理です。

ちょっと手違いですよね。

指が5本あるからねそうですね。

それでね今から申し上げる主の祈りも本当は六つに分けたいところなんです。

指が6本あればいいんだけど指が5本ですから五つに分けて解説をすることにしました。

ところで僕らが主の祈りと呼んでます。

けども本当はこれはイエスが教えたべっ子たちの祈りです。

だから主の祈りというんだけども弟子の祈りって言った方が絶対笑わしてますね。

これはね最近僕つくづく思うんだけどマタイの福音書のテキスト読んでみたらあれ聖書の<br />

梵字

それはこのマルコの福音書だけでなくマタイの福音書ルカの福音書ヨハネ福音書を見ても何回も何回もイエス様が予告なさっておられることを見つけ出すことができます。

マタイの福音書では16章の21節17章の9節12節22節から23節20章の18節と19節そして26章の最後の晩餐の時今井言って書ききれなかったのでしょうそれぐらい何回も何回もイエス様がおっしゃってどうぞこの受難週の期間ですね。

福井商1回まるっと読み直してみて下さい。

そうすると福音書を見るとなんと福音書の中でこの17週の出来事が福音書の半分あるいは1/3という膨大な部分を含んでいてそしてこの十字架の予告が何と何から何回も繰り返されているかということに驚くはずです。

エス様の福音書を見ると奇跡だとか歌詞を教えがたくさん書いていることについて心がそっちに行ってこれ程十字架について書かれているということを見過ごしてしまいがちです。

<br />

ポジティブに考えるということを勘違い

私はポジティブに考えるということを20代の頃何かしら勘違いをしていたような気がします。20代の頃の私にとってポジティブとは全く現実を直視しないで何か悪い事態が起きようとしていてもそれもポジティブに無理やり考えていたという感じです。そのため結局起こりうる問題を事前に回避しなかったため結局その問題が発生しポジティブに考えていたのはまったくもって無意味だったという結果になることが多かった気がします。私は今35歳になりましたが今の私のポジティブはそうではありません。無理やりでも何でも明るく考えるのではなくちゃんと起こりうる問題などは会費をしてディスクはできるだけ潰し、そして気持ちの面では暗くすることなく常に明るい未来を描いていると言った感じです。極端に言うと今悪いことが起こってもそれで心がへこたれることはなく再びポジティブの方に切り替えることが可能になりました。これは大きな成長じゃないかなという風に思います。

 

ミトコア 楽天

会社での仕事なんて

私が前勤めていた会社での仕事というのは本当に限られていてデスクに座りながらいろんな数字を見たりそれに販売会社側で何かトラブルが起こればそれをサポートしたりといった仕事ばかりでした。

こんな仕事をしていても絶対にビジネスや商売の力がつくことはありませんし何の経験も積み上がっていきません。

そこそこ大きな会社なので安定した生活を送ることは可能でしょうが確実に言えることはこの会社の中でしか生きていくことができず、もしも会社が傾くことがあればおそらく全く何もできない人たちが量産されていたことに気がつくでしょう。

ビジネスというのは本当に自分で工夫を重ねていくことが大切です。

これができなければおそらく商売を始めても上手く行くことはないんじゃないかなという風に思います。

<br />

ブーゲンビリア

6月30日の誕生花はブーゲンビリアであの言葉は情熱です。

ピンクや赤紫色そして朱色などの日差しに負けない恋色の花をつける、つる性の植物です。

ろう紙のような乾いた質感の花弁は実はほうで本当の花は中心の黄色い小さな部分です。

フランスのルイ15世が派遣した調査官が発見し花の名はこの艦のブーゲンビル艦長の名前から取られたものと言われています。

ちなみにソロモン諸島ブーゲンビル島も同じ館長の名前にちなんでいます。

この日生まれのあなたは自己中心的な面があり人の感情に無頓着です。

知らず知らずのうちに人を傷つけることがあります。

相手の気持ちを考えて行動するようにしましょう。

花を贈るアイデアとしては市販のつるでできたリース台に花咲いたブーゲンビレアを巻きつけます。

<br />

技術者の最大の幸福

技術者の最大の幸福は自分の作った商品で全国制覇することです。会社全員力を合わせて目標をめがけて思索作りに邁進しつうさんしょうそして厚生省と一連の許可を取り付いよいよ販売体制に入ろうとした時あるものに巡り合ったのです。これだとこころに思い当たるものがあった私は夜45巻あったテープを毎日聞き続けそして1日12時間以上仕事で頑張ると業績は毒半分2倍3倍に跳ね上がってきてびっくりしました。夫妻はみるみると減って約束の3年を待たず全額返済することができん晴れ晴れとしました。そこからはトントン拍子に進んでいき兵庫県知事より兵庫県発明者親科学技術庁長官賞受賞したとして順風満帆に事業は進んでいけもしも私は神の助けがなければ町工場のオヤジで終わってたと思います。